空き家見守りサービス5選!空き家のリスクやサービスのメリットも解説

空き家見守りサービス5選!空き家のリスクやサービスのメリットも解説

(※この記事は、2023年9月29日に更新されました。)

「留守宅を放置するのが心配」

「海外赴任中に留守にする自宅を警備してほしい」

「留守中に届く紙の郵便物の確認がしたい」

この記事は、上のようなお悩みをお持ちの方に向けて書かれています。

本記事では、空き家見守りサービスとは何か、空き家に潜む4つのリスク、空き家管理サービスを利用するメリット、そしてお勧めのサービスを5つご紹介いたします。

紙の郵便物を受け取るための帰宅が不要に 🎉

クラウド郵便 MailMateで、複数の拠点に届く紙の郵便物をパソコン・スマホ上のダッシュボードで一括確認・管理できます💻📩 郵便物のスマート管理始めませんか?

登録することで、利用規約プライバシーポリシー、および 個人情報の取扱い に同意したものとみなされます。

空き家見守りサービスとは?何をするの?


空き家見守りサービスとは?何をするの?

空き家となる理由はさまざまで、たとえば家の所有者が亡くなってしまった、所有者が介護施設に入った、海外赴任が決まった等の可能性が考えられるでしょう。

ただ、「遠方に住んでいる」「管理費用が負担」などの理由から、空き家の手入れを怠るケースも珍しくありません。

空き家見守りサービスは、こうした空き家を見守り、時には管理作業を代行するサービスです。

「空き家管理サービス」あるいは「空き家管理代行サービス」とも呼ばれています。

空き家をそのままにしておくと、さまざまなトラブルを招く可能性があります。そのため空き家見守りサービスの需要は高まっているのです。

空き家問題に潜む4つのリスク


空き家の数は年々増えており、総務省の統計によると、平成30年の空き家率は過去最高の13.6%となりました。

なかでも放置空き家が増えている状況は「空き家問題」ともいわれており、社会問題の一つです。

空き家が問題となる背景には、空き家に潜む4つのリスクがあります。

参考:平成30年住宅・土地統計調査

1. 空き家のまま放置すると住宅の劣化スピードが速まる


1. 空き家のまま放置すると住宅の劣化スピードが速まる

住宅は時間の経過と共に劣化していきます。特に空き家は以下の理由から、劣化スピードが速まるのです。

  • 温度と湿度の条件がそろい、カビが繁殖しやすい

  • 通水がないため水道管がさび付く

  • シロアリの被害や老朽化が改善されない

住宅が劣化してしまうと、地震の際に建物が倒壊する、台風の際に屋根が飛ぶなど、災害時の危険が増します。

2. 空き家のメンテナンス不足で近隣へ悪影響が出る


2. 空き家のメンテナンス不足で近隣へ悪影響が出る

空き家のリスクは、家屋の劣化だけではありません。

  • さび付いた水道管が悪臭の原因となる

  • 手入れされていない樹木が隣の敷地に侵入する

  • ねずみや野良猫が集まり、不衛生な環境になる

このように、近隣住民に悪影響を及ぼす可能性もあります。直接的な被害が生じなくとも、手入れされていない空き家は景観を損ねる要因にもなるでしょう。

3. 空き家の防犯対策ができていないと犯罪リスクが高まる


3. 空き家の防犯対策ができていないと犯罪リスクが高まる

長期間空き家となっている場合、不審者や犯罪者に利用されるリスクも高まります。不法侵入や盗難、ゴミの不法投棄や放火といった犯罪を誘発するかもしれません。

特に人通りの少ない場所にある物件や周囲を樹木が覆っているような物件、郵便物が溜まっている物件は狙われやすいため、何らかの防犯対策を講じる必要があるでしょう。

4. 特定空き家に指定されると税負担が増える!


4. 特定空き家に指定されると税負担が増える!

国土交通省が示すガイドラインによると、「そのまま放置しておくと倒壊などの危険がある」もしくは「不衛生である」と判断された空き家は「特定空き家」に指定されます。指定されると固定資産税の控除がなくなり、税金負担が激増するのです。

特定空き家への指定による税金負担は、最大で6倍になるとも言われています。このリスクを避けるためには、やはりある程度空き家の手入れをしておかなければなりません。

参考:「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針

空き家見守りサービスでできること


空き家見守りサービスでできること

上述のとおり、空き家を放置しているとさまざまな問題が出てきます。

そこで所有者に代わって空き家の管理を行うのが、空き家見守りサービスです。具体的なサービス内容をご紹介します。

1. 目視でリスクがないことを確認


サービス業者は空き家を訪問し、リスク要因がないことを目視で確認します。確認作業のみであれば安く済むケースも多いので、依頼しやすいといえるでしょう。

  • ポストに郵便物が溜まっていないか

  • 不法投棄されているものはないか

  • 住宅に破損はないか

なかには写真付きで報告してくれるサービスもあるので、より安心を求める方はそうしたサービスを選ぶのもよいですね。

2. 空き家管理に必要な作業を代行


確認作業だけでなく、以下のような管理作業の代行を依頼することもできます。

  • 通水、換気

  • 建物の清掃

  • 郵便物の転送

  • 害虫駆除

  • 草むしり

サービス業者によって内容は大きく異なるので、いくつか比較して必要なものを選びましょう。なかには空き家管理をするだけでなく、空き家にまつわる相談を受け付けているサービスもあります。

空き家見守りサービスを利用するメリット2つ


空き家見守りサービスを利用するメリット2つ

空き家見守りサービスを利用するには、どうしても費用がかかります。また1度依頼すれば安心というものでもなく、定期的に手入れを続けることが必要です。

それでも空き家見守りサービスは、空き家管理に悩んでいる方の強い味方になるでしょう。ここでは空き家見守りサービスを利用するメリットを、2点ご紹介します。

1. 管理の手間が省ける


空き家を管理するのは、簡単なことではありません。

国土交通省の調査によると、管理の作業が大変だと感じている人は、29.8%にも及びます。

また「住宅を利用する予定がない」「遠方に住んでいる」という理由から、空き家管理をしていないケースもあるようです。

一方で空き家見守りサービスを使えば、自分で空き家の管理をする必要はなくなります。

手間をかけずに住宅の劣化や周囲への悪影響、犯罪リスクなどを抑えることができるため、空き家の悩みを抱えている方にとって大きなメリットです。

参考:令和元年空き家所有者実態調査

2. 専門家が管理するので安心


サービス業者は空き家管理の専門家です。手入れのポイントを押さえて適切に管理してくれるため、安心して任せることができます。

また定期的にサービス業者が出入りすることで、防犯効果も期待できるでしょう。

サービスの管理看板や管理ステッカーを設置すれば、さらに防犯効果が高まります。

おすすめの空き家見守りサービス5選


空き家見守りサービスにはさまざまな種類があります。ここではおすすめのサービスを5つ紹介するので、参考にしてください。

長期留守中でもポストに郵便物を溜めない 👍

クラウド私書箱メールメイトでどこからでもリアルタイムに郵便物をパソコン・スマホ上で確認・管理できます 🙆‍♀️

登録することで、利用規約プライバシーポリシー、および 個人情報の取扱い に同意したものとみなされます。

①空き家のみまもりサービス(日本郵便)|利用しやすく信頼性も高い


①空き家のみまもりサービス(日本郵便)|利用しやすく信頼性も高い

引用:空き家のみまもりサービス

  • 料金:980円/回

  • 巡回ペース:月に1回/3カ月に1回/6カ月に1回

空き家の見守りサービスは、郵便局員が空き家を訪れて状況を確認・報告してくれるサービスです。

近くに郵便局があれば全国どこでも利用できるうえ、郵便局のサービスなので安心感も高いでしょう。

オプションではありますが、投函物があった場合にはポストの片づけ、郵便物の転送をしてくれるのも嬉しいポイントです。

巡回後はコメントと写真付きの報告書が送られてくるので、状況がわかりやすいですね。

②HOME ALSOK るすたくサービス(ALSOK)|セキュリティ会社の管理なので安心


るすたくサービスALSOK

引用:HOME ALSOK るすたくサービス

  • 料金:4,400円/月(ホームセキュリティーユーザーは2,200円/月)

  • 巡回ペース:月に1回

HOME ALSOK るすたくサービスは、セキュリティ会社のALSOKが提供しているサービスです。契約期間は1年間で、基本サービスには空き家の巡回と投函物の整頓が含まれます。

またHOME ALSOK るすたくサービスでは、巡回結果をEメールでお知らせ。

オプションサービスを使えば、通水や換気サービス、ホームセキュリティーなどをお任せすることも可能です。

③100円管理サービス(空家・空地管理センター)|低コストでもしっかり管理


③100円管理サービス(空家・空地管理センター)|低コストでもしっかり管理

引用:100円管理サービス

  • 料金:100円/月

  • 巡回ペース:月に1回

NPO法人の空家・空地管理センターでは、月額100円で空き家の巡回・目視確認を行うサービスを提供しています。管理看板を設置するため、防犯効果も高まるでしょう。

近隣住民からの問い合わせやクレームがあった際も、一時対応してもらえます。

オプションサービスも豊富なので、必要に応じて利用するとよいですね。

報告書の郵送サービスや敷地の草刈りをはじめ、地域によっては水抜きや排雪作業も依頼可能です。

④実家のお守り(東京ガス)|定期的なお手入れで空き家をしっかり管理


④実家のお守り(東京ガス)|定期的なお手入れで空き家をしっかり管理

引用:実家のお守り

  • 料金:9,900円/回~

  • 巡回ペース:月に1回

実家のお守りは東京ガスとの契約の有無に関わらず、誰でも利用できるサービスです。1回あたりの作業時間は50分~90分で、基本サービスには目視確認や通水・換気サービスをはじめ、清掃や郵便物の回収まで含まれており、プランによっては庭の草むしりまで対応できます。

契約前にはカウンセリングがあり、手入れについての要望を伝えることができます。

そのため毎月送られてくる報告書は、指定した場所の写真付きです。

ただし対象エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に限られるので、注意してください。

⑤空き家管理サービス(日本空き家サポート)|高い専門性による手厚いサポート


⑤空き家管理サービス(日本空き家サポート)|高い専門性による手厚いサポート

引用:空き家管理サービス

  • 料金:5,500円/月~

  • 巡回ペース:月に1回

日本空き家サポートの空き家管理サービスは、毎月の定期巡回に加えて緊急時には無料で巡回点検を行います。そのため大きな地震や大雨特別警報があっても、安心して任せることができるのです。

作業時間は最短30分からで、外部からの目視確認をはじめ、郵便物の回収・転送や簡易清掃などを行います。

さらにマイページにログインすれば、管理作業を動画で確認することも可能。専門性も高いため、将来的な住宅の売買、リフォームや解体についても相談できます。

海外赴任中などの留守宅を守ろう!


海外赴任中などの留守宅を守ろう!

本記事では、空き家見守りサービスとは何か?利用するメリットや留守宅を放置するデメリット、そしておすすめのサービスをご紹介いたしました。

また、長期間家を留守にする際の郵便物の預かりサービスをお探しの方には、クラウド私書箱メールメイトがお勧めです。メールメイトは、日本の住所に届く郵便物を受取代行し、スキャン、ウェブ上の郵便物管理画面へアップロードいたします。

海外にいながらも留守宅に届く郵便物を確認したい場合には、クラウド私書箱をぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

現在サービスの利用開始から30日間は全額返金保証をおつけしています。

気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

おすすめ記事:海外赴任サポートサービス【海外赴任が決まった方・人事担当者向け】

おすすめ記事:【海外赴任・海外駐在】日本に届く郵便物の受取・管理方法を紹介

海外赴任中 🌏 日本の住所に届く郵便物をWEB上で管理!

クラウド私書箱メールメイトを使うと、世界中どこからでも自宅に届く紙の郵便物をパソコンやスマホ上で確認・管理できます 📩

登録することで、利用規約プライバシーポリシー、および 個人情報の取扱い に同意したものとみなされます。

郵便物を受け取るためだけに帰宅や出社してませんか?

クラウド郵便で世界中どこにいてもあなたに届く紙の郵便物をリアルタイムにオンラインで確認することができます。

登録することで、利用規約プライバシーポリシー、および 個人情報の取扱い に同意したものとみなされます。
Mailmate mascot